老け顔 黒クマ

老け顔の原因になる黒クマはどうやったら解消できるの?

 

女性であればやっぱり若く見られたいですよね。ですが、様々な問題で顔は老けて見えてしまうものです。

 

特に気になるのが、黒クマです。

 

黒クマは下まぶたにある脂肪がたるんでしまい、影になってしまうことによってできるのですが、非常に老けた印象を与えてしまうので気を付けておかなければならないクマです。

 

そんな黒クマになってしまう原因や解消方法をまとめてみましたので、予防や解消のために役立ててみてください。

 

 

どうして黒クマはできてしまうの?

 

クマには様々な種類があり、色素沈着や血行不良が原因となるものもあるのですが、まぶたの下にたるみができてしまうと、その影が黒クマとなってしまいます。

 

つまり、明るいところの方がクマが目立ってしまいます。

 

また、このクマの特徴として、物理的に光が作り出すクマですので、他の血行不良や色素沈着が原因となるクマとは違い化粧で隠すことができません

 

どんなクマでも、根本的に解決することが一番重要なのは変わらないんですが、治るまで隠すことができないというのは非常に厄介です。

 

では、たるみはどうしてできてしまうのでしょうか。

 

肌は重力に引っ張られて基本的にはたるんでしまうのですが、肌の奥にあるコラーゲンヒアルロン酸が肌をつなぎとめているので張りが出ています。

 

このコラーゲンやヒアルロン酸は加齢によって減ってしまうことが明らかになっています。つまり、年を取ると肌がたるみやすい体になってしまうんです。

 

たるみは液晶画面の見すぎなどによっても引き起こされると言われており、目を酷使するのは避けるようにしなければなりません。

 

また、人によってたるみやすかったりたるみにくかったりします。たるみやすい人の特徴に頬骨が張っている、目が大きいなどがあります。

 

こういった人は積極的にたるみ予防を行っていく必要があります。

 

他にも、一気に体脂肪をなくすと皮が余ってたるみを引き起こすことがあります。急激なダイエットは避けるようにしましょう。

 

 

どうすれば黒クマを解消することができる?

 

原因がはっきりしたところで、黒クマの解消法を紹介します。

 

目の下のたるみが原因なのであれば、目の下のたるみを取り除いてやれば黒クマを解消することができます。

 

まず、肌のハリを出すことが重要です。肌の奥のコラーゲンなどは保湿によって肌のバリア機能を高めてやることで外部の刺激から守ることができます。

 

保湿といっても、目元は皮膚が薄く皮脂の分泌も少ないため他の部分以上に気を遣わなければなりません。

 

自分の目元が乾燥しているかの指標に使うこともできるのが小じわです。目元のちりめんジワとも呼ばれる小じわは保湿不足が原因でできます。

 

このしわができてしまっているようであれば自身のケアを根本から見直す必要があります。

 

コラーゲンを減らすのは乾燥だけではありません。紫外線も肌を突き抜けてコラーゲンにダメージを与えます。

 

紫外線は肌バリアでは防ぐことができないので、日焼け止めクリームなどで対策する必要があります。

 

紫外線対策で勘違いしている人が多いのが、

 

  • 紫外線対策は夏だけでよい
  • 室内にいれば紫外線に当たることはない

 

という点です。

 

確かに他の季節に比較すると春や夏は紫外線が強いのですが、紫外線は年中毎日降り注いでいます。必ず秋や冬でも紫外線対策はするようにしましょう。

 

次に屋内での紫外線対策ですが、窓際などにいればわかるようにガラス程度であれば紫外線は突き抜けてきます。

 

もちろん、外に出るときのようなUVカット性能は必要ありませんが、無防備でいるのは避けたほうが無難です。

 

UVカット機能が弱いものであれば、肌への負担も小さいので屋内で使うのにぴったりでしょう。

 

保湿にも紫外線対策にも言えることですが、とにかく目元はデリケートな部分です。

 

強い力でこすったり、刺激の強すぎる化粧品を使ったりするとすぐに色素沈着などを引き起こしてしまいます。

 

黒クマを解消したり予防したりしようとしているのに、色素沈着でくまができてしまったのでは本も子もありません。

 

目元のケアをするときはとにかく優しく丁寧に行うということを心がけましょう。

 

食べ物でも黒クマ対策

 

黒クマを解消するためには食べ物も大切です。

 

きちんと整った栄養バランスの食事をしていれば体の機能がしっかり働くようになるので、ターンオーバーや保湿なども促され、黒クマ以外にもたくさんの効果が期待できます。

 

特に意識的に摂取してほしいのが肌や血などになるタンパク質、アンチエイジングに有効なビタミンE、肌の調子を整えるミネラル、皮膚の免疫力をあげてくれるビタミンB群、目の健康などに欠かせないビタミンAです。

 

血行を良くするのも大切です

 

体に栄養を運ぶのは血液やリンパの働きです。血行が悪くなってしまっていると、肌に栄養がきちんと送られず、栄養不足になってしまいます。

 

栄養が不足してしまうと新陳代謝も落ちてしまい、ターンオーバーが滞ってしまいます。

 

また、水分もきちんと体から排出されずにむくみなどになってしまいます。

 

むくみも黒クマを引き起こしてしまう原因ですので、積極的に血行を良くしていきましょう。

 

マッサージや運動などをしっかり行い、体を温めましょう。

 

たるみ撃退!表情筋トレーニング

 

二の腕のたるみが気になるときは筋トレなどで引き締めてあげると、脂肪の量はあまり変わらなくても引き締まって見えますよね。

 

全く同じことが顔についても言えます。

 

顔には表情筋と呼ばれるその名の通り表情を作るときに使われる筋肉があり、この筋肉を鍛えることでたるみを引き締めることができます。

 

とはいえ、表情筋を鍛えると言われてもなかなか方法が思いつかないと思いますので、簡単にできるものをご紹介します。

 

表情筋トレーニングといっても全然大変ではなく、目をぎゅっと閉じたり開いたりを5秒ずつ繰りかえすだけです。

 

どこでもできるトレーニングなのでぜひ試してみてください。

 

たるみの原因である加齢を食い止める!エイジングケアコスメ

 

エイジングケアコスメを早いうちから使っておくと、コラーゲンやヒアルロン酸などの減少を抑えることができます。

 

たるみを防ぎ黒クマ予防になるだけでなく、若々しい見た目をキープする上でもエイジングケアコスメは非常におすすめです。

 

 

スキンケアを続けて黒クマを予防・改善

 

黒クマは予防するにも改善するにも時間がかかります。

 

スキンケアだけでなく食事や表情筋トレーニングなどやることもたくさんあり、その間化粧でも隠すことができません。解消するのは大変だと思います。

 

だからこそ、すぐに対策をはじめて改善・予防に取り組むことが大切です。

 

表情筋を鍛えるには表情豊かな会話も有効です。日ごろから暗い顔をしているのではなく、笑顔で明るい生活を送ることも大切ですね。

 

意外に見落としがちなのが食事の改善です。食事の改善は黒クマだけでなく健康にも大切なので、積極的に行っていくようにしましょう。

 

塩分は水を体に蓄えさせる働きがあるので、できるだけ摂取を控えるようにしましょう。

 

 



アテニアお試しトライアルセットの口コミ トップへ




お役に立てましたら、シェアしてください。