目元 クマ

目元にできるクマは種類ごとに対策が違う!?

 

クマといえば、目の下にできる黒いシミのようなものですよね。

 

寝不足の日とか、疲れているときとかにできてしまって、メイクで隠そうと頑張ったことがある人は多いのではないでしょうか。

 

確かに、疲れや寝不足がクマの原因になるんですが、絶対にそれが原因というわけではありません。

 

というのも、クマができてしまう原因は一つや二つではなく、それぞれで対策の仕方も当然違ってくるので、クマを解消するためには自分のクマがどの種類に該当するのかを判断しなければならないのです。

 

今クマがなかなか消えないと悩んでいるなら、もしかしたら対処法が全く違うなんて可能性もありますよ!

 

クマの種類と対策法を調べてまとめておきましたので、クマが消えなくて困っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

クマの種類を調べよう!

 

まずは自分のクマの種類を調べましょう。それぞれ原因がありますので、その原因を解決していけばクマを消すことができますよ!

 

判別方1、皮膚を引っ張る

自分のクマの種類を調べるには、皮膚を引っ張るという方法があります。

 

皮膚を引っ張ってもクマが薄くならなかった人は茶クマと呼ばれるクマです。このクマは色素沈着が原因です。

 

色素沈着は強く引っかいたりする刺激によってできてしまうものなのですが、目元の皮膚は薄くて繊細なので、色素沈着が起きやすいんです。

 

さらに乾燥もしやすい部分なので、気を付けておかないとすぐクマができてしまうかもしれません。

 

判別方2、鏡を持ったまま真上を向く

皮膚を引っ張ってクマの色が薄くなった場合は二つのクマが考えられます。さらに絞り込むためには鏡を持ったまま真上を向いてみてください。

 

その時にクマが薄くなれば、黒クマと呼ばれるクマです。黒クマはたるみによってできてしまったクマなので、真上を向くとたるみが少なくなって色が薄くなるんです。

 

このクマの厄介なところは隠すことができないところです。他のクマは化粧で隠すことができるんですが、このクマはたるみによってできる影なので、化粧では隠すことができないんです。

 

鏡を持って上を向いても色が薄くならなかったのであれば、青クマと呼ばれる血行不良によるクマです。

 

毛細血管が見えているためにできてしまうクマで、目の下を引っ張ると血行が一時的に良くなり薄くなるんです。

 

さて、皆さんが悩んでいるクマはどのクマでしたか?自分のクマの種類がわかったら、いよいよ対策をしていきましょう。

 

 

ぞれぞれのクマの原因を知って対策しよう!

 

それではクマの種類ごとの対策を紹介したいと思います。どのクマでもしっかり対策すれば消すことができる可能性があるので、諦めずに頑張りましょう。

 

茶クマを消そう!

 

目元へのダメージによって色素沈着が引き起こされるのが茶クマの原因でした。

 

茶クマの予防をするのであれば、目元への刺激を減らすように、しっかり紫外線対策をしたり、目をかかないようにしたりするので良いのですが、すでにできてしまった茶クマに対処するのであればこれに加えて色素沈着を落としてやる必要があります。

 

そこでおすすめなのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には美白効果があり、色素沈着を落としてくれます。

 

黒クマを消そう!

 

たるみができてしまうことが原因の黒クマでしたが、たるみができてしまう原因は加齢によるコラーゲンエラスチンの減少です。

 

つまり、コラーゲンやエラスチンを減らさないようにしてあげることが大切です。

 

これらを減らさないようにするためにはエイジングケア効果のある化粧品を使ってケアしていくのがおすすめです。

 

青クマを消そう!

 

血行不良が原因でしたので、疲れをためないようにすることが大切です。

 

特に目の疲労はクマに直結してしまうので、液晶画面を長時間見るのは避けるようにしたり、ブルーライトカット効果のある眼鏡を使うなどしましょう。

 

他にも、栄養不足なども血行不良の原因となるので、しっかりと栄養バランスにも気を遣いましょう。

 

血流を良くするためには、目元を温めてあげるのも有効です。

 

 

まとめ

 

自分のクマの正しい対処法を知って、しっかりクマを消しましょう。

 

また、クマを予防するためにはクマができてしまう原因を知って、その原因を作らないようにすることが大切です。

 



アテニアお試しトライアルセットの口コミ トップへ




お役に立てましたら、シェアしてください。